menu

Developer - Associate

6 ラボ · 35 クレジット · 3時 55分

Exam Prep Questbadge developer associate 90x90

This quest is designed to help you get hands-on practice with several key services which are addressed in the AWS Certified Developer – Associate exam blueprint. Practice fundamental and advanced concepts for working with Amazon Simple Storage Service, AWS IAM, Amazon DynamoDB, Amazon API Gateway, AWS Lambda, AWS Elastic Beanstalk, AWS Security Token Service, Amazon CloudFront and Auto Scaling.

Introduction to AWS Identity and Access Management (IAM) (日本語版)

このラボでは、AWS Identity and Access Management (IAM) を使用して AWS のサービスへのアクセス権限を管理する方法について説明します。グループへのユーザー追加、パスワード管理、IAM で作成されたユーザーを使ったログイン、および特定のサービスへのアクセスに対し IAM ポリシーの及ぼす効果について、ステップごとに演習します。

Icon  intro introductory 無料 25 分

Introduction to AWS Lambda (日本語版)

このラボでは、AWS Lambda の基本的な理解が得られます。ここでは、イベント駆動型環境で Lambda 関数を作成してデプロイするために必要な基本的なステップについて説明します。

Icon  intro introductory 無料 30 分

Introduction to Amazon API Gateway (日本語版)

このラボでは、マイクロサービスの簡単なよくある質問を作成します。マイクロサービスでは、Lambda 関数を呼び出す API Gateway エンドポイントを使用して、ランダムな質問と答えのペアを含む JSON オブジェクトを返します。前提条件: 受講者は、このラボを受講する前にIntroduction to AWS Lambdaを受講している必要があります。ラボ環境を正常に動作させるため、自動で割り当てられているリージョンを変更しないでください。

Icon  intro introductory 無料 35 分

Caching Static Files with Amazon CloudFront (日本語版)

このラボでは、Amazon S3 にあるシンプルな静的ウェブサイトを取得して Amazon CloudFront でウェブコンテンツの配布し、それを Amazon CloudFront に統合して Amazon エッジロケーションからウェブコンテンツを配信する方法について学びます。このラボの大半で重点的に扱っているのは、Amazon マネジメントコンソールで CloudFront ディストリビューションを作成し、その次に既存のウェブページが Amazon CloudFrontを使用するようにしま

Icon  advanced advanced 10クレジット 30 分

Launching and Managing a Web Application with AWS CloudFormation(日本語版)

このラボでは、AWS CloudFormation を使用して、数多くのサポート AWS 製品およびサービス(Auto Scaling グループ、Amazon EC2 インスタンス、Elastic Load Balancing、Amazon RDS データベースなど)をウェブアプリケーションにプロビジョニングする方法について説明します。また、AWS CloudFormation を使用したインフラストラクチャの管理、データベースのサイズ変更、Auto Scaling グループの再設定も説明します。

Icon  expert expert 15クレジット 50 分

Maintaining High Availability with Auto Scaling (for Linux)(日本語版)

このラボでは、Auto Scaling の基本を、Auto Scaling のいくつかのユースケースや Auto Scaling 設定に使うコマンドラインツールを取り上げながら紹介します。 このラボを完了すると、負荷に合わせてキャパシティーを自動的にスケーリングする伸縮自在なウェブファームを設定してテストできます。 さらに、Auto Scaling を使用して重要なリソースの高可用性を維持するという、安定状態のユースケースを調べてみることができるでしょう。

Icon  advanced advanced 10クレジット 50 分

home
Home
school
Catalog
menu
More
More