menu

Developer - Associate

8 ラボ · 59 クレジット · 5時 40分

Exam Prep Questbadge developer associate 90x90

This quest is designed to help you get hands-on practice with several key services which are addressed in the AWS Certified Developer – Associate exam blueprint. Practice fundamental and advanced concepts for working with Amazon Simple Storage Service, AWS IAM, Amazon DynamoDB, Amazon API Gateway, AWS Lambda, AWS Elastic Beanstalk, AWS Security Token Service, Amazon CloudFront and Auto Scaling.

Introduction to AWS Identity and Access Management (IAM) (日本語版)

このラボでは、AWS Identity and Access Management (IAM) を使用して AWS のサービスへのアクセス権限を管理する方法について説明します。グループへのユーザー追加、パスワード管理、IAM で作成されたユーザーを使ったログイン、および特定のサービスへのアクセスに対し IAM ポリシーの及ぼす効果について、ステップごとに演習します。

Icon  intro introductory 無料 25 分

Introduction to AWS Lambda (日本語版)

このラボでは、AWS Lambda の基本的な理解が得られます。ここでは、イベント駆動型環境で Lambda 関数を作成してデプロイするために必要な基本的なステップについて説明します。

Icon  intro introductory 無料 30 分

Introduction to Amazon API Gateway - JP

In this lab, you will create a simple FAQ microservice. The microservice will return a JSON object containing a random question and answer pair using an API Gateway endpoint that invokes a Lambda function. Prerequisites: students should take the lab "Introduction to AWS Lambda" before taking this lab.

For the lab to function as written, please DO NOT change the auto assigned region.

Icon  intro introductory 無料 35 分

Serverless Architectures using Amazon CloudWatch Events and Scheduled Events with AWS Lambda (日本語版)

このラボは 2 つのパートに分かれています。パート 1 では、CloudWatch イベントで Lambda 関数を使い、EC2 インスタンスの作成をモニタリングする方法を学習します。Lambda 関数は手作業で作成します。パート 2 では、Amazon SNS を通じ、CloudWatch アラームと通知を使って警告を発信する Lambda 関数を設計図を基に作成します。前提条件: このラボを修了するには、CloudWatch と SNS の基本的な概念をよく理解している必要があります。Node.js および Python プログラミングは必須です。ただし、ソリューションコードはすべて提供されます。少なくとも qwiklabs.com の「AWS Lambda 入門」ラボを完了している必要があります。

Icon  fundamental fundamental 8クレジット 35 分

Caching Static Files with Amazon CloudFront

This lab demonstrates how to start distributing your web content with Amazon CloudFront by taking a simple static website in Amazon S3 and integrating it with Amazon CloudFront to deliver your website content from AWS edge locations. The majority of this lab will focus on creating an Amazon CloudFront distribution with the AWS Management Console, and then adapting the existing web pages to use Amazon CloudFront.

Icon  advanced advanced 10クレジット 30 分

Building Scalable Web Applications with AWS Elastic Beanstalk (日本語版)

このラボでは、AWS でウェブアプリケーションを開発し、本番環境にデプロイする標準的なステップが提示されます。このラボではまず、AWS Elastic Beanstalk に機能的なウェブアプリケーションをデプロイし、コマンドラインツールを使用してバージョン管理からアプリケーションをデプロイする方法について学びます。アプリケーションのスケーラビリティについての問題を明らかにしてから、サーバー側セッションの外部化によってシームレスにスケールするよう、アプリケーションの開発を反復します。2 回目のデプロイでは問題が解決されているかどうかを検証します。AWS Elastic Beanstalk、AWS ElastiCache、および設定ファイルによる AWS Elastic Beanstalk アプリケーション内の AWS リソースの管理について学びます。

Icon  expert expert 15クレジット 59 分

Launching and Managing a Web Application with AWS CloudFormation(日本語版)

このラボでは、AWS CloudFormation を使用して、数多くのサポート AWS 製品およびサービス(Auto Scaling グループ、Amazon EC2 インスタンス、Elastic Load Balancing、Amazon RDS データベースなど)をウェブアプリケーションにプロビジョニングする方法について説明します。また、AWS CloudFormation を使用したインフラストラクチャの管理、データベースのサイズ変更、Auto Scaling グループの再設定も説明します。

Icon  expert expert 15クレジット 50 分

Maintaining High Availability with Auto Scaling (for Linux)(日本語版)

このラボでは、Auto Scaling の基本を、Auto Scaling のいくつかのユースケースや Auto Scaling 設定に使うコマンドラインツールを取り上げながら紹介します。 このラボを完了すると、負荷に合わせてキャパシティーを自動的にスケーリングする伸縮自在なウェブファームを設定してテストできます。 さらに、Auto Scaling を使用して重要なリソースの高可用性を維持するという、安定状態のユースケースを調べてみることができるでしょう。

Icon  advanced advanced 10クレジット 50 分